» 【踏み間違い防止】補助金と後付け装置の取付けについて/車検のコバック越谷店
 » 【踏み間違い防止】補助金と後付け装置の取付けについて/車検のコバック越谷店

20年10万kmのカーライフを応援するブログ

【踏み間違い防止】補助金と後付け装置の取付けについて/車検のコバック越谷店

【踏み間違い防止】補助金と後付け装置の取付けについて/車検のコバック越谷店

 

こんにちは!車検のお兄さんです☆

 

 

 

 

今回は、注目度が高まってきている

「後付けのアクセルとブレーキの踏み間違い防止装置」についてお話します。

 

ページの最後に製品動画もありますのでご覧ください。 ≫≫ 先に動画を見る

 

「踏み間違い」 による事故は年間4,000件!

 

「アクセルとブレーキを踏み間違えて…」という事故のニュースを一度は耳にしたことがあると思います。

 

なかでも2019年4月に池袋で起きた暴走事故が思い出されます。

 

自転車で道路を横断中のお母さんと3歳のお子さんが亡くなってしまいました。

運転者は80代後半の男性でした。

 

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故は年間4,000件も起きています。

毎日10件以上の事故が日本のどこかで起きている計算になります。

(H30度 (財)交通事故総合分析センター)

 

どんな場所で起きるのか

 

とくに多いのが「駐車場」です。

運転者の年齢を問わず発生しています。

 

「前進するつもりだったのにバックしてしまい、慌ててアクセルを踏み込んでしまった」

 

「輪留めにタイヤが当たったのに、勘違いしてさらにアクセルを踏み込んでしまった」

 

「コインパーキング料金の支払中に、手を伸ばした拍子に右足がズレてアクセルペダルを踏んでしまった」

 

「発進時」でも「駐車時」でも

「前進時」でも「後退時」でも

「駐車位置の調整時」でも

 

あらゆる状況で踏み間違い事故が起こっています。

 

「踏み間違い」を起こす年齢層は?

 

75歳以上の運転者の死亡事故の人的要因

ブレーキとアクセルの踏み間違い

ハンドル操作不適」など

『操作不適』の割合が他の年齢層に比べて群を抜いて多いというデータがあります。

(ITARDA公表データ)

 

また、意外なことに20代の若い世代でも踏み間違い事故は多くなっています。

 

こちらは運転技術の未熟さが大きな原因になっているのかもしれません。

 

こんなケースで起きます

 

「踏み間違い」はスピードを出すことのない状況でも起きます。

 

ケース①

バック時に右方向に体をひねって後方を目視した姿勢をとる

      ↓

下半身が上半身に引っ張られる

      ↓

ペダルの位置を正しく把握することができなくなる

      ↓

本人はブレーキを踏んだつもりで、無意識にアクセルを踏んでしまう

 

高齢者は柔軟性が低く股関節が固くなっているのでこういったリスクが余計高くなります。

 

ケース②

注意を向けるべきものが多い場所(駐車場など)での運転

    ↓

注意力が散漫になる

    ↓

頻繁にペダルを踏みかえる動作が発生

    ↓

ミス(踏み間違い)が発生する。

 

「ブレーキを踏むつもりで間違えてアクセルをふかしてしまった」

という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか

 

パニック状態

 

人は予期せぬ事態が突如起きた場合、瞬間的に極度の緊張感に襲われ、とっさの判断を間違えてしまうことが多いのです。

いわゆるパニック状態です。

 

これは年齢・性別に関わらず、誰にでも起こりうることです。

 

本人はブレーキを踏んでいるつもりのため、ブレーキが利かないことにパニック状態になってしまい、ブレーキを利かせようとさらに強くアクセルを踏んでしまって大事故につながってしまうのです。

 

自分と大切な人を守るため

 

もし事故が起きてしまうと、お相手や自分の家族など多くの方に迷惑をかけてしまいます。

 

車を運転する人にとっても自動車社会にとっても、「踏み間違い事故」を防止することは一つの大切な責務なのかもしれません。

 

各自動車メーカーも新車で標準装備にしたり、その動きは広がってきています。

 

私たち自動車整備工場も「安心・安全な車社会」を創造するために取り組む責任があると考えています。

 

「本当は免許を返納してほしいけど、毎回、送り迎えするわけにもいかないし」

 

「田舎暮らしで車がないと生活できなしいし」

などの声もあり、ご家族からの相談・購入・プレゼントも増えているようです。

 

補助金について

 

補助金事業には

国の補助金事業

各自治体の補助金事業

の2系統があります。

 

①について

65歳以上等の一定要件を満たせば、全国一律20,000円の補助金が出ます。

 

国のサポカー補助金 について詳しく見る ≫≫国土交通省HP〔(2)後付け装置導入補助事業 参照〕

 

②について

自治体ごとに補助金額や年齢条件が異なりますので、ご自身の自治体の補助金事業をご確認ください。

 

※ちなみに「埼玉県」と「越谷市」は独自のサポカー補助金はありません(^^)<2020年6月現在>

※補助金事業は予算がなくなり次第終了となります。

 

また、補助金を受けるためには「後付け装置取扱事業者」として認定を受けているお店(工場)で装置を取付けることが必要になります。

当店は後付け装置取扱事業者として認定されております。

 

取付け料金 〔税込〕

 

本体価格    33,000円

 ※ハーネス等の部品代含む

取付工賃    14,300円

小計      47,300円

国の補助金  △20,000円

 ※2020年度中に65歳になる方などの条件があります

ブログ特典   △1,000円

 ※この画面をご提示ください ※他の割引との併用はできません

合計     26,300円

 

無料で試乗できます

 

試乗車をご用意しております☆

試乗したからといって購入しなくても大丈夫ですし、強引な営業もありませんので、ぜひ体感してみて下さい(^^)

 

当店敷地内での試乗になります、お気軽にご予約ください♪

 試乗の予約 ≫≫ かんたん入力フォーム

 

国交省の認定製品です

 

S-DRIVE 誤発進防止システム2

国土交通省 認定製品

アクセルとブレーキの踏み間違いによる誤発進を回避する装置です。

 

低速時のアクセルペダル急踏みやベタ踏みの誤作動に対して、アクセルのセンサーを制御し、急発進を抑止します。

 

 

JARWA(一般社団法人 自動車車体補修協会)による

【製品説明ページ pdf】を見る ≫≫

 

【動画】はこちら

 

 

 

 

 

 

ご購入・取付けは当店にお任せください☆

 ≫≫ 車検のコバック越谷店【公式HP】

 

※車種や年式によって取付けできない場合があります。車検証をご用意の上、お気軽にご相談ください☆

 

執筆者のプロフィールを見る ≫≫

 

 

関連記事

コロナ禍だからこそ割引します/車検のコバック越谷店 私たちと一緒にイキイキと働きませんか(^^)

おススメの記事

;