» 「ブレーキオイル」は車検ごとが交換基準 ブレーキが効かなくなったら大変です/車検のコバック越谷店
 » 「ブレーキオイル」は車検ごとが交換基準 ブレーキが効かなくなったら大変です/車検のコバック越谷店

20年10万kmのカーライフを応援するブログ

「ブレーキオイル」は車検ごとが交換基準 ブレーキが効かなくなったら大変です/車検のコバック越谷店

「ブレーキオイル」は車検ごとが交換基準 ブレーキが効かなくなったら大変です/車検のコバック越谷店

「ブレーキが効かない!」はありえます

自動車整備の仕事をしていると、

 

「ブレーキが効かなくなって怖い思いをした」

 

というお客様にお会いすることがあります。

 

そんなに多くいらっしゃるわけではありませんが、実際にそういう経験をされている方がいるのです。

 

では、「ブレーキが効かなくなる」原因にはどんなものがあるのでしょうか。

 

「ベーパロック現象」と「フェード現象」

ブレーキが効かなくなる原因の代表的なものに、

 

「ベーパロック現象」「フェード現象」があります。

 

「ベーパロック現象」

下り坂などでブレーキを連続して使用すると、

ブレーキオイル(ブレーキの作動油)が沸騰して配管内に気泡が発生してしまい、

ブレーキを踏んでもフカフカしてブレーキに力が伝わらなくなってしまう現象です。

 

「フェード現象」

こちらもブレーキの連続使用によって起こる現象で、

ブレーキの摩擦部分が、発生する熱に耐えられなくなってブレーキが効かなくなってしまいます。

 

その他にも、突発的なブレーキ系統の故障や、

フロアマットがアクセルペダルに引っかかり、

アクセルペダルが踏まれた状態のまま戻らなくなってしまうことで、

ブレーキが効かなくなったり効きにくくなったりすることもあります。

 

「ブレーキが効かない」にならないためには

「ベーパロック現象」も「フェード現象」も、
下り坂などでの「ブレーキの連続使用が主な原因」というのがポイントです。

 

ですので、そうならないためには

 

◇下り坂でスピードを出し過ぎない

◇フットブレーキだけでなく、エンジンブレーキを上手く利用する

◇ブレーキオイルの交換など、メンテナンスを怠らない

 

がとても重要になってきます。

 

古くなったブレーキオイルはどうなるのか

「ブレーキオイル」は、ブレーキを踏んだ時にブレーキ機構を作動させる重要な役割のオイルです。
ブレーキオイルの交換基準は、取扱説明書にも「車検ごと」(2年ごと)と推奨されています。

 

ブレーキオイルを交換せずに長く使い続けると、、、

 

ブレーキオイルは空気中の水分を吸いやすい性質がある

水分を含んだブレーキオイルは「沸点」(沸騰する温度)が下がる

ブレーキを頻繁に使う状況下で温度が上昇し沸騰してしまう

ブレーキ配管内に気泡が発生し、ブレーキを踏んだ力が上手く伝わらなくなる

ブレーキが効かなくなる(効きにくくなる)

 

こういったリスクが高くなるのです。

 

また、水分を含んだブレーキオイルは、
配管やブレーキ機構にサビを発生させ、オイル漏れの原因になることもあります。

 

ブレーキオイルは車検ごとに交換を

ブレーキオイルは、
エンジンルーム内にあるタンクの中のオイルだけを交換するのでは不十分です。

 

4輪のタイヤを外して、配管内のオイルもしっかり交換しなければ十分とは言えません。

 

車検では必ずタイヤを外して点検を行いますので、
車検と同時にブレーキオイルを交換することで、通常時よりも工賃を抑えて安く交換することができます。

 

~愛車20年への道~

ブレーキオイルは、車検ごとに交換しましょう!

 

☆私の愛車☆

生誕16年8ヶ月 108,263㎞ 元気に走行中♪

 

【私が働いている会社】

車検のコバック越谷店はこちら

 

関連記事

おススメの記事

;